スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LA戦記#3 

LA加入直後で、特に印象に残っている事といえば、
合計3度あったGvGイベントでしょうか。

対戦相手は鳳凰が2度、DelusionSpiceが1度。
いずれもLAの同盟相手という事になります。

俺が初心者ナイトに「転職前の対人はやめておけ」というのは、
この頃の経験が元になっています。
転職前のナイトはやれる事が恐ろしく少ないため、
勝ち負け以前にやってて単調なのです。
転職しても基本スタイル同じといえばそうなんですがね…w


<vs鳳凰①>

Rohanで、初めて対人戦で強くなりたいと思ったきっかけです。
今でこそオーダークリ14000+αとか出してますが、
当時は30+0がデフォ、これ以上はスキル撃っても出ませんでした。

フロくらい着てないとまともに戦えないのかなぁ、と思いつつ
高レベルの人を羨ましく思ってましたね~。

また、この頃ヴァジリアス(現ポカリ)がLAに加入。
結局、タウン戦で一緒に戦うことはありませんでしたが。

前は鳳凰のギルドページで動画へのリンクがあったんですけどねぇ…。
今もまだ残ってるんでしょうかね。


<vs鳳凰②>

この当時、オン鯖とエドネ鯖が合併し、
システムバグによって、全ギルドの同盟関係がリセットされました。
LAと鳳凰は『お互い新しい同盟先を探そう』という事で、
これを機に独立した活動を進めていく事になりました。

俺個人としてはLvも上がってキッシュ着てましたし、
コロシアムでもそれなりの頻度で遊んでた時期なので、
かなり強くなってたんですが…。
鳳凰がとんでもない規模まで膨れ上がってたんですね。

LAは2PTとちょっとだったんですけど、
鳳凰は30人以上いたんじゃないでしょうかw
ひょっとすると40人越えてたんだろうか…w

先方に人数調整してもらって何とか形になりましたが、
それでも派手に負けましたね~。
ただ、この鳳凰の戦い方は俺にとってある種のヒントになりました。


<vsDelusionSpice>

俺に『数の力』を印象付けたGvGイベント。
カンストや黒エドが絶対的存在だった頃に、
複数のカンスト、他多数のLv90↑を擁していたのがDSです。

一方のLAはLv90↑は2人だけ。
あとはカエール1人、アパタイト1人、キッシュ1人、残りはフロかそれ以下。
人数だけは多いのですが、エドウィンに対してフロイオンではねぇ;

LA側は開始前から一方的な結果を予想しており、
「楽しめればいいかぁ~」とイベントは始まったのですが…。

1回目、なぜか勝ってしまったLA。
2回目、どういうわけか勝ってしまったLA。
3回目、人数互角に変更、順当に負けたLA。

…タウン戦経験してる人ならお分かりでしょうが、
人数が多ければスタンゲームで優位に立てますので、
相手の中に多少強いのが混ざってたところで関係ないんですね。
スタンさせたところにあややのスピード+シージ炸裂でどかーん。

個々の強さと連携だけでは覆せない部分も多いんですよね。
特にコロでのGvGは奇策の入り込む余地が少ないので、
数の差がモロに出ます。

このイベントの後に、あややとaretoさんの間で話はまとまり、
後の回線同盟が発足に繋がるのです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anabasis.blog36.fc2.com/tb.php/178-4f8ab5a9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。