スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冒険日誌#7 

(前回からの続き)
結局、俺の心配=子竜さんたちの期待(?)していた事態は訪れませんでした。

正確にはアルテ以外の敵対ギルドが来たらしいんですが、
あちらからは攻撃してこず、また俺に気を使ってくれたのか、
あるいは単純にPT2倍を満喫したかったのか、
こちら側からも攻撃することはありませんでした。

最後の方、「ごめ、悪いけど俺先に帰っていいかな;」と、
ほとんどパニック状態でチャットしてたんですがね…。

俺はアルテに残ってる人たちから弱腰とか逃げたとか、
あるいは見捨てたとか、その程度の認識を持たれるのは仕方ないと思っています。

ある程度は覚悟の上で抜けましたし、
残った人間のヘビーなプレイ振りを知ってしまうと
(アルテ離脱後も、何度かギルハンに混ぜてもらってます)
そう思ってしまっても仕方なかろうと思う部分もあります。
ま、それだけに前回に書いた古竜さんや残月さんのチャットが
胸にこたえたわけですが…。

ただ、じゃあ抜けた事を後悔してるかといわれると、
あそこで抜けて正解だったとしか思えない自分もいるわけで、
レクサスで活動してる割に気持ちの整理はついてないのかもしれません。

実際、この後色々な人にパニック状態のままテルを送ってしまい
元アルテ所属の先輩の人から貴重な助言をもらいました。
また、PTに呼んでくれた荒神さんにも気を使わせてしまい、
翌日、整理をつけるまで謝罪ができなかったりと、
周囲の人たちには面目ないとしかいいようがないです。

まーね、結局のところ俺が激甘の性格してるのが原因なんです。
今までは良かったんですよ。
アルテ=味方、大奥・ビドア=敵だったので。
ところが、これで大奥にもある程度の借りができてしまったわけで、
比重としてはアルテ>大奥でも、邪険にする気もなくなってしまいました。

ただし、ビドア(と元ビドアの某大奥メンバー)は別勘定です。
今回も大奥だったので「まぁ、組んでみるのも面白いかも…」という
気持ちになれましたがビドアであれば即行で帰りました。
さすがに抵抗がありすぎてPT組む気にはなれませんし、
そんなではPTの誰にとっても不幸な結果になるでしょう;

こっからは、後日の話。
改めて荒神さんとPTをして、謝罪その他をして、
色々と話を聞いた結果、やはり彼女(彼?)の心は大奥サイドにあるようです。
ギルドで新規層を数多く抱えている上、彼女自身は中堅lvですので、
戦争に積極参加することはないのでしょうが。

PKerになりたいわけではなくとも、PvP積極派としては
大奥のメンバーとも交流は盛んになるでしょうし、
逆にアルテサイドの戦い方はPvPやGvGというよりは
私怨に基づいた制裁や私刑(リンチ)に見える部分も多いため、
詳しい事情を知らない一般PLからすれば肩入れし兼ねる部分も多いのでしょう。
(実際、俺のビドアに対する反感の理由もほとんどは私怨の類)

俺はアルテサイド、彼女は大奥サイド。
思い入れは違えどこれからも一緒にPTはしていきたいですし、
友誼を断ち切るつもりなんざありません。
また、PTを組んでくれた大奥のお三方にもこちらで改めて礼をいいます。
緊張感があり過ぎるくらい、面白いPTでしたw

鯖統合で、今の情勢がどう転がるのかさっぱりわかりません。
オン鯖VSエドネ鯖という構図になるのか、
はたまたPKサイドが新たな援軍を得ることになるのか。

レクサスだって、いつまでも平穏ではないでしょう。
今度は…俺はどういう行動をとるんでしょうね。
とりあえず、強くなることしか考えていません。
強くなければ何もできないって事は、
前のギルドで嫌って程、思い知らされましたからね。

さって、この話題はこれで終了!
次回からはレクサスやフレとの楽しいR.O.H.A.Nの話題に戻します。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anabasis.blog36.fc2.com/tb.php/40-c40f671f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。